ページ内コンテンツ

猛禽類の基礎知識 猛禽類を飼い始める準備 猛禽類の飼い方しつけ方
猛禽類とは 猛禽類を飼う心構え 猛禽類の環境を作る
猛禽類の種類/目安価格 猛禽類との出会い方 猛禽類にトイレを教える
猛禽類の特徴 猛禽類の選び方の注意点 猛禽類の食事(エサ)について
  猛禽類の家選び 猛禽類の健康管理
    猛禽類の臭いについて
    猛禽類の繁殖について

猛禽類(鷲/鷹/隼/フクロウ等)の基礎知識


猛禽類(鷲/鷹/隼/フクロウ等)とは?

猛禽類(鷲/鷹/隼/フクロウ)

猛禽類というのは、鋭い爪・鉤(カギ)型に曲がった嘴(クチバシ)が特徴です。

空中を生活する動物の中で生態系の頂点に存在しております。
つまり肉食動物ということです。

タカ・ワシ・ハヤブサ・フクロウ・コンドル・ハゲワシ・モズなどが代表です。
日本でペットとしては、ほとんど飼われておりません。
ですが、日本でも古くは仁徳天皇の時代(西暦355年)から鷹狩が行われおりました。
現在も鷹狩を行っている方もいらっしゃいます。

比較的に賢いために可能であり、人の歴史と繋がり深い動物です。

参考サイト→猛禽類 - Wikipedia

注意事項
野生の猛禽類を飼うことは禁止されています。
海外からの正規輸入や、正式に繁殖されたものしか飼育することはできません。
もし野生の猛禽類を飼育すると違法行為となりますのでご注意ください。

猛禽類(鷲/鷹/隼/フクロウ等)の種類・目安価格

実は、鷹(タカ)も鷲(ワシ)も明確な区別がなくどちらもタカ目に属しています。
ハヤブサ目とタカ目とフウロウ目に分かれると覚えくと良いでしょう。

こちらを参考にしてみてください。
タカ目 - Wikipedia ハヤブサ科 - Wikipedia フクロウ目 - Wikipedia

それでは代表的な種類と詳細・参考価格を見ていきましょう。
ワシ・タカ・ハヤブサなどは基本的に購入することができません。
国の特別な許可などが必要な場合がほとんどです。

猛禽類の種類
詳細
オオワシ
オオワシ
全長:90~100cm
翼開長:220~250cm
タカ科オジロワシ属。
日本で最大の猛禽類。国の天然記念物。
参考価格:時価(300万円~500万円ともいわれています。)
オジロワシ
オジロワシ
全長:70~95cm
翼開長:180~240cm
タカ科オジロワシ属。
オオワシと仲間です。国の天然記念物。
参考価格:時価(100~150万円程度)
イヌワシ
イヌワシ
全長:75~95cm
翼開長:170~220cm
タカ科イヌワシ属。和名のイヌは「劣っている、下級の」の意味です。戦国時代などに矢羽としての価値が低かった事に由来しています。
日本では特定動物にしていされています。
参考価格:時価(100~150万円程度)
クマタカ
クマタカ
全長:75~80cm
翼開長:160~170cm
タカ科クマタカ属。
翼の上部は灰褐色で、下部は白く黒い横縞が目立ちます。
頭部の羽毛は黒く、後頭部には白い羽毛が混じる冠羽をもちます。
この冠羽が角のように見えることも和名の由来とされています。
参考価格:時価
トビ(トンビ)
トビ トンビ
全長:60~68cm
翼開長:150~160cm
タカ科トビ属。
ほとんど羽ばたかずに尾羽で巧みに舵をとって、上昇気流に乗り、輪を描きながら上空へ舞い上がります。
また「ピーヒョロロロロ」という鳴き声は有名で、日本でもっとも身近な猛禽類です。
参考価格:時価
サシバ
サシバ
全長:58~68cm
翼開長:150~160cm
タカ科サシバ属。
鷹の渡りをみせる代表的な鳥です。
※サシバの渡りで有名です。
渥美半島の伊良湖岬や鹿児島県の佐多岬ではサシバの大規模な渡りを見ることができます。
参考価格:時価
ミサゴ
ミサゴ
全長:55~65cm
翼開長:150~180cm
ミサゴ科ミサゴ属。
タカ科と区別される特徴は、spicule と呼ばれる足の外側にある魚を捕らえるための棘、反転する第1趾、鼻孔の弁、密生し油で耐水された羽毛などです。
参考価格:時価
カンムリワシ
カンムリワシ
全長:50~60cm
翼開長:120~155cm
タカ科カンムリワシ属。
通常のタカ類は空中から獲物に直接爪を立てる事が多いが、カンムリワシは一度獲物の傍に降り立って地上で攻撃することが多く、そのため狩りに失敗することも多いすこしおっちょこちょい?な習性です。
参考価格:時価
ハチクマ
ハチクマ
全長:57~61cm
翼開長:120~135cm
タカ科ハチクマ属。
基本的に蜂を食していますが、秋から冬などにかけては昆虫・カエル・蛇なども食します。
参考価格:時価
ノスリ
ノスリ
全長:50~60cm
翼開長:100~140cm
タカ科ノスリ属。
動物食で、昆虫類、節足動物、陸棲の貝類、ミミズ、両生類、爬虫類、鳥類、小型哺乳類等を食べます。
参考価格:時価
オオタカ
オオタカ
全長:50~60cm
翼開長:100~130cm
タカ科ハイタカ属。
飛ぶ速さは水平飛行時で時速80km、急降下時には時速130kmにも達するほど飛翔能力に優れています。
参考価格:時価(50万円程度)
チュウヒ
チュウヒ
全長:48~58cm
翼開長:110~140cm
タカ科チュウヒ属。
食性は肉食性で、魚類、両生類、爬虫類、鳥類やその卵、小型哺乳類等を食べます。
参考価格:時価
ハヤブサ
ハヤブサ
全長:38~51cm
翼開長:85~120cm
ハヤブサ科ハヤブサ属。
食性は肉食性で、主にスズメやハト、ムクドリ、ヒヨドリなどの体重1.8キログラム以下の鳥類を食べます。
急降下時の速度は、時速390kmを記録。
参考価格:時価(50~100万円程度)
ハイタカ
ハイタカ
全長:32~39cm
翼開長:100~115cm
タカ科ハイタカ属。
食性は動物食で、鳥類や昆虫類などを空中または地上で食べます。
参考価格:時価(20~50万円程度)
チョウゲンボウ
チョウゲンボウ
全長:30~35cm
翼開長:70~80cm
ハヤブサ科ハヤブサ属。
食性は齧歯類や小型の鳥類、昆虫、ミミズ、カエルなどを食べます。
ハヤブサ属ですが、飛翔スピードが速くないのも特徴です。
参考価格:時価(20~30万円程度)
ツミ
ツミ
全長:27~30cm
翼開長:50~63cm
タカ科ハイタカ属。
食性は主に小形鳥類を食べますが、爬虫類、小形哺乳類、昆虫なども食べます。
参考価格:時価
 
猛禽類の種類 (フクロウ)
詳細
モリフクロウ
モリフクロウ
全長:35~45cm
フクロウ目フクロウ科。
夜行性で、食性は動物食で、ネズミ、カエル、鳥類などを食べます。
人になつきやすくペットとしても人気です。
参考価格:20万円~40万円
メンフクロウ
メンフクロウ
全長:22~45cm
フクロウ目フクロウ科。
食性は動物食で、ネズミ、鳥類、副食に昆虫などを食べます。
お面をかぶっているような顔をしています。
参考価格:15万円~40万円
シロフクロウ
シロフクロウ
全長:50~65cm
フクロウ目フクロウ科。
食性は小型ネズミ類を主に食べますが、まれにカモ類も食べます。
ハリーポッターに登場したことで人気が上がったフクロウです。
参考価格:30万円~40万円
アフリカワシミミズク
アフリカワシミミズク
全長:35~45cm
フクロウ目フクロウ科。
食性は動物食で、昆虫、蛛形類、爬虫類、鳥類、小型哺乳類などを食べます。
参考価格:20万円~40万円
コキンメフクロウ
コキンメフクロウ
全長:35~45cm
フクロウ目フクロウ科。
基本的に夜行性ですが、活動します。
食性は昆虫やミミズ、両生類などを食べます。
参考価格:15万円~30万円
スピックコノハズク
スピックコノハズク
全長:20~25cm
フクロウ目フクロウ科。
食性は小さな哺乳類、爬虫類、両生類、魚、ミミズなどを食べます。
人になつきやすく飼い易いフクロウです。
参考価格:20万円~30万円

タカ・ワシ・ハヤブサなどは、通常では購入するのは難しいでしょう。
猛禽類をペットとして飼う場合はフクロウを飼うのが良いです。

猛禽類(鷲/鷹/隼/フクロウ等)の特徴

猛禽類(鷲/鷹/隼/フクロウ等)の寿命

小型・大型・種類によって寿命は大きく違いますが、それでも基本的に長生きします。

ワシなどは、野生化で10年~30年程度と言われていますが、飼育下では40年近く生きます。
また、タカは70年近くも生きることが出来ます。
飼育する場合は自分の寿命も考えて飼わなければいけません。

一方フクロウは
モリフクロウは15~20年程度
メンフクロウは15~20年程度
シロフクロウは25~30年程度
アフリカワシミミズクは15~20年程度
コキンメフクロウは10~15年程度
スピックコノハズクは10年程度
猛禽類は飼育環境が良ければ長生きをしてくれます。

猛禽類(鷲/鷹/隼/フクロウ等)は昼行性も夜行性も

ワシ・タカ・ハヤブサは基本的に昼行性です。
フクロウは夜行性が多いですが、中には昼間活動するタイプもいます。

猛禽類(鷲/鷹/隼/フクロウ等)の臭い

猛禽類は肉食のため臭いです。
ひよこやネズミなどを食していますので生臭い場合もあります。
通常の臭いではない場合はどこか病気をしている可能性もあります。
臭いが気になる人は、猛禽類(鷲/鷹/隼/フクロウ等)の臭いについてを参考にし対策をしてみてください。

猛禽類(鷲/鷹/隼/フクロウ等)の性格

賢いタイプが多く、気性が荒くても手なずけることが可能なタイプが多いです。
昔から鷹狩などが行われていることから、分かっていただけるかと思います。

フクロウも種類によっては非常に人懐っこく手乗りなどが可能です。

猛禽類(鷲/鷹/隼/フクロウ等)は肉食動物

猛禽類というだけあって、空中で食物連鎖の頂点に立つ種ですから肉食です。

猛禽類(鷲/鷹/隼/フクロウ等)を飼い始める準備


猛禽類(鷲/鷹/隼/フクロウ等)を飼う心構え

猛禽類(鷲/鷹/隼/フクロウ等)を飼う心構え

猛禽類(鷲/鷹/隼/フクロウ等)に限らず、生命を飼うということは最後まで面倒を見るという心構えが必要です。

猛禽類(鷲/鷹/隼/フクロウ等)の健康管理をきちんとし、飼育環境を整え、可愛がってあげることで長生きしてくれます。

長生きする種がほとんどですので、自分の寿命も考えてから飼うことをオススメします。

猛禽類(鷲/鷹/隼/フクロウ等)との出会い方

猛禽類(鷲/鷹/隼/フクロウ等)出会い方

フクロウは人気になったため、ペットショップにもいる場合がありますが、通常猛禽類は正規に輸入されなければ販売してはいけません。
また購入者も色々と制限があります。
日本に生息する猛禽類を捕まえて飼育するということは、もってのほかです。
正規に輸入された種か、正規にブリーダーが繁殖させたタイプでなければ飼育することはできません。
購入者も大型の場合は国からの許可が必要です。

出会い方
説明
ペットショップ 通常の正規で売られている猛禽類であれば、ペットショップの人が教えてくれます。
つまり、通常に売られている猛禽類であれば特別な許可が必要ない場合がほとんどです。
許可が必要な場合、販売者含め厳しい制約がありますので購入店に確認すると良いでしょう。
ブリーダー ブリーダーから飼う場合も同様に、許可などを得てから販売しております。
また購入者も許可を得なくてはいけなません。
中には悪徳ブリーダーもいますので注意が必要です。
里親募集 許可が必要なため、里親募集などはほとんど見かけないでしょう。
もし見かけたら正規の手続きを行ってから譲り受けるようにしましょう。

 

猛禽類(鷲/鷹/隼/フクロウ等)選びの注意点

猛禽類(鷲/鷹/隼/フクロウ等)の選び方

フクロウ以外の猛禽類はブリーダーから購入することがほとんどです。

ブリーダーに確認し、元気が良いものを選びましょう。

フクロウは人気なためペットショップで見かけることが多くなりました。

また何よりも、猛禽類は種によって大きさに差があります。
ヒナから飼う場合はどれほど大きくなるか調べてから飼いましょう。

猛禽類(鷲/鷹/隼/フクロウ等)の元気なヒナの見分け方
 
    基本はその他の鳥類と同じです。
  1. 食欲
    元気なヒナは食欲が旺盛です。
    沢山食べているヒナを選びましょう。
     

  2. 目ヤニがついていないか?目がしっかりと開いているか?
    などを確認しましょう。
     
  3. クチバシ
    クチバシが、折れていないか?かみ合わせがきちんとなっているか?
    などを確認しましょう。
     
  4. 足・爪
    足が折れていないか?曲がっていないか?
    爪が曲がっていないか?欠けていないか?
    などを確認しましょう。
     
  5. 肛門
    お尻が汚れていないか?下痢を起こしていないか?
    などを確認しましょう。
     
  6. 翼・羽
    翼がきちんとついているか?羽が折れていないか?
    などを確認しましょう。
     

猛禽類(鷲/鷹/隼/フクロウ等)の家選び

猛禽類(鷲/鷹/隼/フクロウ等)の家

フクロウは大きさによってゲージで飼い、放鳥するなどを検討や、 小屋で飼う等の方法があります。

フクロウ以外の猛禽類については、ものによっては厳しい基準が有ります。

例えば

  • 飼養施設の構造や規模に関する事項 
     
    1. 一定の基準を満たした「おり型施設」などで飼養保管が必要
    2. 脱走を防止できる構造及び強度を確保が必要
  • 飼養施設の管理方法に関する事項

    1. 定期的な施設の点検を実施が必要
    2. 第三者の接触を防止する措置が必要
    3. 特定動物を飼養している旨の標識を掲示が必要
  • 動物の管理方法に関する事項

    1. 施設外飼養の禁止
    2. マイクロチップ等による個体識別措置が必要

等に注意をしたうえで家を選ぶ(作成)必要です。
各都道府県の「動物愛護管理法」の担当者に問合せて確認してみてください。

用品
説明
ゲージ・小屋
強度があり、脱走できない構造でなければいけません。
フクロウについてはゲージで飼う場合、ストレスにならないように放鳥を考えて上げる事が大切です。
巣箱
フクロウをゲージで飼う場合巣箱は不要かもしれませんが、小屋で飼う場合は巣箱を用意してあげるとフクロウが安心します。
その他の猛禽類は、巣箱が必要なタイプ(例えばチョウゲンボウ)や巣を作ってあげると良いでしょう。
止まり木
巣箱が大きい場合は巣箱に止まったりします。
フクロウの種類によっては止まり木が不要な場合もありますので種類によって検討しましょう。
エサ入れ
生ものを入れておくエサ入れがあると便利です。
手で上げる場合はつつかれて怪我をしないように注意してください。
給水器
水入れは、こぼれないタイプが良いです。
フクロウをゲージで飼う場合は鳥用として水飲み口がゲージ内に出ているものが使い勝手が良いでしょう。

猛禽類(鷲/鷹/隼/フクロウ等)の飼い方(しつけ方)


猛禽類(鷲/鷹/隼/フクロウ等)に環境を作ってあげる

猛禽類(鷲/鷹/隼/フクロウ等)を環境に慣れさせる

まず、猛禽類を飼い始めたらするべきことは敵ではないということを理解してもらうことです。

そのためにストレスが、貯まらない環境を作ってあげなければいけません。
叱るのではなく、エサをあげて敵ではないことを理解してもらいます。

猛禽類(鷲/鷹/隼/フクロウ等)にトイレを教える

猛禽類(鷲/鷹/隼/フクロウ等)のトイレ

残念ながら、猛禽類にトイレを教えることはできないでしょう。

鳥の習性で、身体を軽くしておきいつでも飛び立てるようにするために何処でも糞をします。

ですが、それぞれ特徴があるので、糞をしやすい場所に新聞紙等を敷いておくことが良いでしょう。

ワシ・タカ類は糞を後ろに飛ばします。
ハヤブサ類やフクロウ類は下に落とします。
糞の臭いは、した後は多少臭います。ですが、乾くとさほど臭いはしません。

猛禽類(鷲/鷹/隼/フクロウ等)の食事(エサ)について

猛禽類(鷲/鷹/隼/フクロウ等)の食事(エサ)

猛禽類(鷲/鷹/隼/フクロウ等)はヒナの場合と、成鳥の場合でエサが違います。

ヒナの環境作りでヒナのエサは説明しましたが、おさらいを含めてエサのことを説明しましょう。

分からない場合は、ペットショップなどで確認すると教えてくれるでしょう。

猛禽類(鷲/鷹/隼/フクロウ等)の健康管理

猛禽類(鷲/鷹/隼/フクロウ等)の健康管理

猛禽類(鷲/鷹/隼/フクロウ等)の健康管理は、他の動物と同様に毎日のチェックが大切です。

動物なので自分からここが、痛い・悪いから病院に連れて行ってほしいなんてことは言えません。

飼い主が気を付けてあげなければいけません。
また、動物病院でも見てくれるところが少ないため飼う前に診察が可能な動物病院を探しておくことも大切です。
 

  • 猛禽類(鷲/鷹/隼/フクロウ等)の健康チェック内容  
     
    1. 日々の動き
      元気かどうか?
      エサの食べる量は変わらないか?
      鳴き方・しゃべり方はおかしくないか?
      など毎日と違う行動があれば病気になっているかもしれません。
       
    2. 排泄物の確認
      いつもと同じようなうんちをしているか?
      下痢をしていないか?
      などを確認しましょう。
       
    3. 身体
      翼・目・鼻・クチバシ・爪など毎日健康かどうかを確認してあげてください。  
  • 病気になったときの対応方法

    何か異変を感じ、病気にかかっている可能性がある場合は、自分で対処するのではなく、近くの動物病院に連れていってあげてください。
    これにつきます。
     
  • 病気になる前、なったときの自宅療法

    人間にも、高濃度酸素治療というものがあるように、ペットにも高濃度酸素は有効です。
    酸素カプセルなどが、人間にいいように動物にも酸素を上げることで健康管理になります。
    オススメ高濃度酸素発生器↓

    エムワンオーツーハイブリッド (楽天)
    エムワンオーツーハイブリッド(yahoo)
    エムワンオーツーハイブリッド (amazon)

    エムワンオーツーブイ10L (楽天)
    エムワンオーツーブイ10L (yahoo)
    エムワンオーツーヴイ10L (amazon)

    動物 ペット に酸素発生器 動物 ペット に酸素発生器

猛禽類(鷲/鷹/隼/フクロウ等)の臭いについて

猛禽類(鷲/鷹/隼/フクロウ等)の臭い

猛禽類(鷲/鷹/隼/フクロウ等)の臭いは、肉食動物の割にそこまで強烈ではありません。
むしろ食べ残した生肉などのほうが異臭を放ちます。

さらに清潔にしてあげるとましになります。

放置されたエサも臭いがきついですが、放置された糞尿も異臭を放ちます。

フクロウの場合、放鳥して糞尿をしたら怒るのではなく即座に片づけることが大切です。

いくら綺麗にしていても家で動物を飼っている以上、動物臭はある程度します。
※外で小屋で飼っている場合でも清潔にしてあげることが大切です。

強力な消臭ができて、強力な除菌ができる。そして愛する猛禽類(鷲/鷹/隼/フクロウ等)にも無害。
そんな消臭スプレーがあります。
カンファペット
強力消臭・強力除菌だけど、ペットの目や口に入っても安全

ペットの臭い ペットの臭い


さらには、空気清浄器を日々つけておくなどすることで、ましになります。

空気清浄機をつけておくことで、客人(自分)がアレルギーの場合や、アレルギー予防のためにも効果的です。
もちろん猛禽類(鷲/鷹/隼/フクロウ等)にも綺麗な空気が良いに決まっています。

ペット用空気清浄機 ←オススメ空気清浄機 アイリスオーヤマ 空気清浄機
ペットとの快適生活に♪ 空気清浄機(楽天)
ペットとの快適生活に♪ 空気清浄機 (yahoo)
ペットとの快適生活に♪ 空気清浄機 (amazon)

空気清浄機で綺麗な空気を吸うことによってペットの健康管理(体臭改善)にも役立ちます。

猛禽類(鷲/鷹/隼/フクロウ等)の繁殖について(巣引き)

猛禽類(鷲/鷹/隼/フクロウ等)の素引き

猛禽類(鷲/鷹/隼/フクロウ等)の繁殖は個体によって、可能(許可)されているものとされていないものがあります。

繁殖させる場合は十分確認してから行ってください。

また生き物ですので、繁殖させたあとのことを考えてから繁殖させてあげてください。

また、特別な許可が必要な種がほとんどのため、繁殖に関する記述は控えます。
どうしても知りたい方は、ブリーダーに確認するようにしてください。


このページの先頭へ