ページ内コンテンツ

プレーリードッグの基礎知識 飼い始める準備 飼い方(しつけ方)
プレーリードッグとは 飼う心構え 環境に慣れさせる
種類・目安価格 出会い方 トイレを教える
プレーリードッグの特徴 選びの注意点 食事(エサ)について
  家選び 健康管理
    臭いについて
    繁殖について

プレーリードッグの基礎知識


プレーリードッグとは

プレーリードッグ

プレーリードッグ (Prairie dog) は、ネズミ目(齧歯類)リス科プレーリードッグ属の動物の総称です。
すべてが北米原産で、北米の草原地帯(プレーリー)に穴を掘って巣穴をつくり、群れで生活しています。
体長30-40cmほどで、毛色はおおむね淡い茶色をしていて、草食で、ムラサキウマゴヤシ(アルファルファ)、イネ科の植物を好みます。
プレリードッグとも呼ばれます。

参考サイト→プレーリードッグ - Wikipedia

プレーリードッグの種類・目安価格

プレリードッグは2003年以降、現在は輸入禁止となっており、日本で繁殖された仔がペットとして購入できます。
日本で、2003年以前に輸入されたプレーリードッグを繁殖させているため日本にいるプレリードッグが少なく、そのため相場は基本的に高いです。

また、幅が広く20万円~50万円程度となっています。
かなり金額に幅があるため、各ショップにきちんと確認することが大切です。

種類
詳細
オグロプレーリードッグ

        イングリッシュ モルモット ハムスター
カナダ、アメリカ合衆国、メキシコにかけて生息しています。
体長は35~45cm、体重は700~1500g。 プレーリードッグの中でも一番生息数が多く、通常プレーリードッグはオグロプレーリードッグのことを言います。
オジロプレーリードッグ

        クレステッド モルモット ハムスター
アメリカのワイオミング州、コロラド州、ユタ州に生息しています。
他のプレーリードッグよりも標高が高い地域で生活しています。
名前の通りで、白い尾が特徴です。
メキシコプレーリードッグ
メキシコプレーリードッグ
メキシコに生息しています。
特徴はプレーリードッグの中でもっとも南方に生息し生態的にはオゴロプレーリードッグに近いらしいが生息地域が限定された固定種です。
絶滅危惧種です。
体毛は灰色がかった赤褐色、尾は長く先端は黒色。
ガニソンプレーリードッグ
ガニソンプレーリードッグ
オジロプレーリードッグに類似していますが、体毛は暗い濃い灰色をしています。
尾の先と淵は白色で個体数はあまり多くありません。
ユタプレーリードッグ
ユタプレーリードッグ
ユタ州にのみ生息する種です。
体長はやや小ぶりでう。
個体数が少なく、絶滅危惧種です。
プレーリードッグの中ではもっとも小さい種類。
体毛は背側に赤みが強く、頬は茶色 で、口と顎は白です。

プレーリードッグの特徴

プレーリードッグの寿命

生活環境や、種類によっても違いますが、おおよそ5~10年です。
また、プレーリードッグは非常に人になつきやすく、寂しがりやです。
ウサギのようにかまってあげないと、ストレスとなり体調を崩しやすいです。

プレーリードッグは昼行性

プレリードッグは穴を掘って、集団で生活していますが昼間は穴の近くで日光浴をしています。
これは、プレーリードッグは紫外線を浴びる事で、ビタミンDを体内で生成するためです。
つまり、プレーリードッグには日光浴は生きるために必要なのです。
日中は活発に行動しますので、沢山遊んであげることが大切です。

プレーリードッグの臭い

プレリードッグはびっくりしたり、緊張したり、威嚇する時に肛門から三本の管をだして臭いを発します。
個体差はありますが、人によってはかなり臭く感じるでしょう。

プレーリードッグの爪・手足

プレリードッグは野生では穴を掘って生活するため、爪が非常に鋭いです。
穴を掘る回転数を増やすため手足は短くなっています。

プレーリードッグは草食動物

プレリードッグは草食動物で、水分も野菜の水分からほとんど吸収します。
ひまわりの種などの高カロリーのものも好きですが、すぐに太ります。
おやつ程度にあげ、基本的に野菜などを与えるのが良いです。

プレーリードッグを飼い始める準備


プレーリードッグを飼う心構え

プレーリードッグを飼う心構え

プレーリードッグを飼う時に気を付けなければいけないことは、複数で飼うか一匹で飼うかです。
プレーリードッグ は、寂しがりやの為日中に思う存分遊んであげなければいけません。
それが出来ない場合、複数匹飼うことを検討しなければいけません。
複数飼う場合は、メスの子供から飼うのが良いでしょう。

理由は、自然界でプレーリードッグは一夫多妻制のため、メス同士のほうが関係が上手くいきやすいです。

オスの場合は、殺し合いに発展するぐらい激しい喧嘩をすることが有ります。

ただし、メス同士であっても成体から飼い始めると仲が悪くなる場合もあります。
問題はプレーリードッグの金額も出てくるでしょう。

よく検討して買わなければいけません。

プレーリードッグとの出会い方

プレーリードッグとの出会い方

プレーリードッグとの出会い方は、主にペットショップです。(ネット通販が主となっています)

頭数がそこまで多くないのと、輸入禁止となっているためペットショップでの取り扱いもそこまで多くないのが実情です。
また、どうしても飼うことが難しくなってしまったため、里親募集なども稀に見ます。

出会い方
説明
ペットショップ 基本的には、プレーリードッグ専門ショップが良いでしょう。
ブリーダーから専門店が購入し、専門店が販売しているのが通常の流れです。
里親募集 犬や猫のように多くは見かけませんが、まれに里親探しをしている人がいます。SNS等で呼びかけている人がいらっしゃいますので確認してみるのもいいでしょう。ですが中には、出会い目的で里親募集などしている方も中にはいるので注意したうえで検討するようにしてください。

プレーリードッグ選びの注意点

プレーリードッグ選び

プレリードッグを路面のペットショップで扱っているところは少なく、なかなか見る機会がないと思います。

そのため専門店などに直接伺うか、電話などで良く状況を確認することが大切です。

プレリードッグは昼行性

プレリードッグは昼行性のため、ペットショップに見に行く場合は朝からお昼間がいいでしょう。
プレリードッグは基本的に運動量が多いので活発にしている仔は健康です 。

プレリードッグの毛艶

美しい毛艶をしているプレリードッグは基本的に健康です。
日本でプレリードッグと言えばオグロプレリードッグが、ほとんどのため、色が違う場合何か理由があるかもしれません。

プレリードッグの手元・口元

プレリードッグの口元は良く観察しなければいけません。
よだれが出ている、上下の歯が交差している。などの場合は健康でない場合が多いです。
プレリードッグの歯は一生伸び続けますので、かじり木などでキチンと整えているか?というのも重要です。
また、爪も伸びますので日本では穴が掘れない分爪切りをきちんとされているか?が大切です。
また、爪には血管も通っているので、爪を切り過ぎていないか?消毒もしてあるか?なども確認しなければいけません。

プレリードッグの家選び

プレリードッグの家

プレリードッグを飼うために第一に必要なものはゲージです。
特注で作っている方も多いです。
プレリードッグ専用のゲージなどは、なかなか見かけません。そのため大き目のゲージなどを用意し、その中に遊び道具などを用意してあげると良いでしょう。
プレリードッグは活発に動くので、広めのゲージが必要です。
運動量が少ないと太ってしまいます。
ゲージをもたず、室内で飼育する場合色々なものに齧るので危険です。

用品
説明
ゲージ
広めのゲージが必要です。
手作りで広いゲージを作っている人もいます。
その中に色々な遊び道具をいれます。
床材
ゲージを購入した場合、床が網目になっているので怪我の恐れがあります。
そこで、プレリードッグが怪我をしないように床材を購入し取り付けてあげると安心です。
すのこを引いて、その上にウッドチップなどを敷き詰めるとより良いでしょう。
巣箱
隠れることが大好きなプレリードッグです。
大き目の巣箱を何個か用意してあげると喜びます。
エサ入れ・牧草入れ
あると、片付けなどが便利です。
また、活発なプレリードッグがぶつかってこぼさないよう、安定性の高いものを用意すると良いでしょう
給水器
ゲージにつり下げるタイプがおすすめです。
かじり木
プレリードッグは良くかじります。
また、齧ることで金網をかじらないようになります。
金網をかじると、齧り過ぎて歯が悪くなったりします。
遊び道具
運動量が多いプレリードッグのため、遊び道具(回し車等)を置いて退屈させないよう、運動不足にならないようにしてあげましょう。

プレリードッグの飼い方(しつけ方)


プレリードッグを環境に慣れさせる

プレーリードッグ 環境に慣れさせる

プレリードッグを飼い始めたら、可愛くて相手をしたくなりますが、環が変化しているので、最初は警戒しています。
まずは、数日構わず放置し、慣れてきたら遊ぶようにしてあげましょう。

プレーリードッグ飼い始め2~3日

ゲージ内に、必要最低限(エサ・水・牧草・かじり木等)を入れて、そっと見守ってあげましょう。
数日でなれますので、最初だけそっとしてあげます。

プレーリードッグを徐々に慣らす

手で、エサをあげたり、おやつをあげたりしてください。
そして慣れてくるとやさしく撫でてあげてください。
なでて、気持ちよさそうに寝転がるともう、大丈夫です。
毎日沢山遊んであげてください。

プレーリードッグにトイレを教える

モルモットのトイレ

プレーリードッグによってはトイレを覚えます。

が、覚えない場合もあるので、根気強く教えても覚えない可能性があります。

覚えない場合は、無理に覚えさそうとするのではなく諦めて掃除するようにしましょう。

 

トイレを覚えさせるコツ

排泄物をトイレに置く。
臭いをつけるということです。

トイレ以外の場所ですると、すぐに片づけ、トイレではないことを示します。

プレーリードッグはトイレを覚えない場合がありますので、トイレ以外でしても怒らず、気楽にしつけることが大切です。
プレーリードッグは怒られても、何故怒られているかもわからないですしストレスになるだけです。

プレーリードッグの食事(エサ)について

プレーリードッグの食事

プレーリードッグは草食動物です。
基本的に野菜・牧草・専用フードを与えます。

主食として、専用フード(ペレット)をあたえ、副食として牧草・野菜を与えると良いでしょう。

プレーリードッグに食べせてはいけないもの
食材
説明
ジャンクフード
人間の食べ物で、加工物・お肉類は与えてはいけません。
観葉植物など
草食動物ですが、観葉植物などを食べさせるのは危険です。
ネギ類
野菜ではありますが、ネギ類などは多くの動物にとって有害です。
赤血球を破壊してしまうので、与え続けると血がたりず死に至ります。
一部の果物
イチジクやサクランボや桃といった果物は与えてはいけません。
その他の野菜
ジャガイモ、生姜、アボガド、ニンニク、ニラ等

プレーリードッグの健康管理

プレーリードッグの健康管理

プレーリードッグの健康管理に必要なことは室内温度を適温にしてあげることや、運動量や、可愛がりなどが重要です。

温度については20~28℃程度が適温です。
湿度については30%~70%程度です。
プレーリードッグ は寒さに弱く、15℃程度になると仮死状態(冬眠)になります。
冬場などはヒーターなどで、温度管理が重要です。

  • プレーリードッグの健康チェック内容  
     
    1. 日光浴
      プレーリードッグは日光浴をすることで、紫外線を浴び体内でビタミンDを生成します。
      そのため毎日の日光浴が重要です。
      日光浴が出来ない場合は紫外線を当ててあげることが大切です。
       
    2. 毛艶
      プレーリードッグの毛艶が以前と変わりないか?など確認します。
      週に一回~二回程度砂遊びをさせてあげるのも大切です。
      綺麗な砂で、砂遊びをすることで、菌を洗い流すためです。
       
    3. 口(歯)
      歯並びは悪くないか?よだれなどが出ていないか?を確認します。
      歯は一生伸び続けるため、かじり木などで、整える必要があります。

      また毎日かまってあげないと、ストレスで自咬症になる場合があります。
      自咬症・・・自分を噛み傷つける行為
       

    4. 爪も一生伸び続けるため少しづつ爪切りをしてあげなければ、引っかかって怪我をする場合があります。
      また、爪の切り過ぎは良くありませんので注意が必要です。
      爪には血管が通っているので少しづつ爪切りをし、爪から病気にならないように予防として消毒してあげることも重要です。
       
    5. お尻
      汚れている場合下痢をしている可能性があります。
      野菜の水分が多い場合、水を少なくして与えるなどをしてあげましょう。
       
  • 病気になったときの対応方法

    何か異変を感じ、病気にかかっている可能性がある場合は、自分で対処するのではなく、近くの動物病院に連れていってあげてください。
    これにつきます。
     
  • 病気になる前、なったときの自宅療法

    人間にも、高濃度酸素治療というものがあるように、ペットにも高濃度酸素は有効です。
    酸素カプセルなどが、人間にいいように動物にも酸素を上げることで健康管理になります。
    オススメ高濃度酸素発生器↓
    エムワンオーツーハイブリッド (楽天)
    エムワンオーツーハイブリッド(yahoo)
    エムワンオーツーハイブリッド (amazon)

    エムワンオーツーブイ10L (楽天)
    エムワンオーツーブイ10L (yahoo)
    エムワンオーツーヴイ10L (amazon)

    動物 ペット に酸素発生器 動物 ペット に酸素発生器

プレーリードッグの臭いについて

モルモットの臭い

プレーリードッグは臭腺をもっていて、びっくりしたり、緊張したり、威嚇すると肛門から三本の管をだして臭いを発します。
人によっては、かなり臭く感じます。

糞尿はそこまできつくないですが、やはり臭いはします。
ゲージから出して遊んであげると、いわゆる「うれしょん」(嬉しくて放尿してしまう)をしてしまう仔もいます。

もしゲージから出して遊んでいるときに、部屋のあちこちでしてしまった場合は、すぐに消臭スプレー(無臭)をし、綺麗にします。
オススメ消臭スプレー→カンファペット ゲージの掃除にも有効です。
強力消臭・強力除菌だけど、ペットの目や口に入っても安全

ペットの臭い ペットの臭い

また、エサ入れも、きちんと掃除が必要です。
室内で飼っていると自分では気づかないかもしれませんが、どうしても部屋に臭いがついてしまいます。

空気清浄器を日々つけておくなどすることで、ましになります。

また、客人(自分)がアレルギーの場合や、アレルギー予防のためにも効果的です。
もちろんプレーリードッグにも綺麗な空気が良いに決まっています。

ペット用空気清浄機 ←オススメ空気清浄機 アイリスオーヤマ 空気清浄機
ペットとの快適生活に♪ 空気清浄機(楽天)
ペットとの快適生活に♪ 空気清浄機 (yahoo)
ペットとの快適生活に♪ 空気清浄機 (amazon)

空気清浄機で綺麗な空気を吸うことによってペットの健康管理(体臭改善)にも役立ちます。

プレーリードッグの繁殖について

赤ちゃんプレーリードッグ

野生のプレーリードッグは一匹のオスに対して、四匹程度のメスという一夫多妻制で生活しています。

オス・メス一匹づつを飼っていても、子供が産まれないかもしれません。

プレーリードッグは一度の出産で3~7匹ぐらいの赤ちゃんを産みます。
繁殖させる際には、産まれた赤ちゃんをどうするかをキチンと考えたうえで繁殖させてください。

プレーリードッグの繁殖時期

プレーリードッグの繁殖時期はオスが11月~4月ごろです。
この時期になると狂暴になる可能性があります(メスも可能性有)。
おとなしかったプレーリードッグに噛まれるのもおおよそこの時期です。
この時期は非常にデリケートなためそっとしてあげるのが大切です。
この時期にオスとメスの相性が良ければ交尾が行われます。

プレーリードッグの妊娠期間

プレーリードッグの妊娠期間はおおよそ1ヵ月(33日~38日)程度です。
プレーリードッグのオスは、出産時には邪魔になってしまいます。
(殺してしまう場合もあります)

そのためオスとメスのゲージは別々にしてあげて、出産に集中させてあげるのが大切です。

プレーリードッグの子育て

授乳時期は約1ヵ月ほどです。
一ヶ月たつと、生後半年ほどまでは、プレーリーポップとよばれる栄養価の高いエサを赤ちゃんに与えてください。

子育て中のプレーリードッグにあまり刺激(ストレス)を与えないようにしてあげなければいけません。
ストレスがたまると、育児放棄や、子殺しなどをしてしまいます。
 

買い忘れはありませんか?


このページの先頭へ